名古屋市で引越しをする時に知っておくべき事

名古屋市で引越しをする時に知っておくべき事があります。

 

引越しする際には事前の見積もりや各種書類手続きも欠かせません。

 

ですが何よりも一番欠かせない事は事前の見積りで料金を把握しておく事です。

 

実際に料金がどれくらいかかるのか?を知らずにいると、後から困ってしまいます。

 

名古屋市内と市街では引越し料金は県内になるのでそこまで距離による値段の差はありません。

 

ただし、移動距離が100キロを超えると料金が上がって行きます。その辺の料金事情も併せて紹介していきます。

 

引越し料金を安くするための方法は一括見積り利用する事が近道ですが、料金の算出の方法も理解しておいて損はありませんよ。

 

以下に知っておくべき項目をまとめたのでご参考ください。

 

 

名古屋市で引越しする時に役立つ知識を集めました。


名古屋市の引越し料金はどんな感じ

名古屋市で引越しする際の料金はどんな感じになるかシミュレーションできます。

 

基本的に引越しにおいては以下の3つで料金が決まります。

  1. 引越を行う日時
  2. 引越での移動距離
  3. 引越で運ぶ荷物の量

これらの違いで料金が算出されます。

 

一番料金に関わってくるのは引越しを行う日時なんです。

 

特に繁忙期と呼ばれる年間で引越しが殺到する時期が年に4回あります。

 

この時期を避ける事が出来れば料金を値引きする事はおおむね可能となっています。

 

あまりにも忙しい繁忙期ですと、次々に引越しの予約が舞い込んでくるので、ゆっくりと見積りを出す余裕すらなくなってしまいます。

 

繁忙期は以下の4つの時期です。

  1. 3月下旬〜4月初旬(年度末)
  2. 7月下旬 (1学期終了直後)
  3. 8月下旬 (2学期始業直前)
  4. 12月下旬 (新年を新居で)

この4つの時期は絶対に料金が高くなるのは引っ越し業界では共通の認識なのです。

 

繁忙期になると最大で料金割増が250%になり、値引は一切期待できない時期です。

 

名古屋市でも数多くの引越しが行われており、1日4件の引越しを行う業者も数多くいます。

 

逆に閑散期と呼ばれる年間で最も引越しが少ない時期に行うと大幅な値引きが可能です。

 

 

閑散期は毎年1〜2月なので、この時期に引越しを行うと見積りの料金は信じられないくらい安くなります。


また、閑散期は1日で午前中しか引越しを行わない日もあるので、こういった時期の午後は値引きされやすいのです。

 

料金の目安はこんな感じです。

時期

混雑度

料金

1月

閑散期 割引率は最大

2月

閑散期 割引率は最大

3月

通常期⇒繁忙期 20日から繁忙期料金適用

4月

繁忙期⇒通常期 5日まで繁忙期料金適用

5月

通常期 平均20%の値引き

6月

通常期 平均20%の値引き

7月

通常期⇒繁忙期 下旬から繁忙期料金適用

8月

通常期⇒繁忙期 下旬から繁忙期料金適用

9月

通常期 平均20%の値引きり

10月

通常期 平均20%の値引き

11月

通常期 平均20%の値引き

12月

通常期⇒繁忙期 23日以降から年末まで繁忙期料金適用

繁忙期の料金は限られた時期だけですので、1ヶ月丸々最大料金という事はありません。

 

また引越しは午前と午後に業者は作業を行います。

 

そこで午後の引越しにすると割引が受けやすくなるという秘密があるんです。

 

名古屋市内での引越しなら午後からでも十分に行える距離と時間なので午後がおすすめです。

 

距離が離れている場所への引越しは午後から可能ならば割引が期待できます。

引越しの移動距離に伴う料金

引越しの移動距離に伴う料金も関係があります。

 

基本料金における移動距離は100キロ以内となっています。

 

例えば引越しで荷物を運ぶ距離が5キロでも95キロでも基本料金に変わりません。

 

ただし、高速道路を使用する場合は若干の料金が上乗せされます。

 

名古屋市内や、市内から愛知県内ですと滅多に100キロを超える事はないので基本料金で済むでしょう。

 

 

県外で100キロを超える場所に引越しとなると、移動距離が100キロ追加毎に2万円の上乗せとなります。


名古屋市内から東京の千代田区まで引越ししたとして、距離は約350キロですが、この場合の料金は以下になります。

 

350キロ=基本料金の100キロから250キロ分の追加料金なので、約6万円の上乗せとなります。(100キロ×3の扱いとなります。)

引越で運ぶ荷物の量

引越で運ぶ荷物の量でも料金は変わります。

 

引越しで運ぶ荷物の量は使用するトラックのサイズで料金が決まります。

 

基本料金では標準サイズの2トン車が基準となり、トラックが1サイズ上がる毎に2万円の追加となります。

 

最大サイズになると10トンという超大型のサイズになり、運べる荷物量も最大級となります。

 

 

引越し業者は基本的に2トン車からの扱いとなりますが、軽トラや1トン車は赤帽や便利屋が扱うサイズとなります。


トラックのサイズと荷物の量の目安は以下となります。

トラックのサイズ

広さ

人数

2トン標準トラック(ショート) 約3畳 2名〜
2トンロングトラック 約4.5畳 3名〜
2トンロングワイドトラック 約5.5畳 3名で荷物が多い
3トントラック 約6畳 4名〜
4トントラック 約8畳 4〜5名
4トンロングトラック 約9畳 4〜5名で荷物が多い
10トントラック 約12畳 6名以上

引越しの際に人数と荷物の量に合わせたトラックを使用します。

 

名古屋市でよく見る引越し業者のトラックサイズは4トン車ですね。約4名の引越しが良く行われています。

 

特に家族の場合ですと1度で荷物を運んでしまうサイズのトラックにするか、午前と午後の2回に分けて行う「ピストン輸送」を行うかも選択肢に入ります。

 

まずは引越し業者に運んでもらう荷物を確定させておくのが良いでしょう。

 

 

もしもトラックに入る量がギリギリの場合は、トラックサイズを上げずに自分たちでちょっとした物を運ぶという手もありますよ。


引越し料金を安くできるのはココ

引越し料金を安くできる場所があるんです。

 

名古屋市で引越しを行う場合に業者から見積りをしなければなりません。

 

そして各社の見積りを比較検討して最安値の料金を出してくれる所を見つけます。

 

ですが、1社毎に連絡をしていくと手間と時間が掛かって面倒ですよね?

 

そんな時にインターネットを活用した「一括見積り」が役に立ちます。

 

1度の申し込みで複数の引越し業者に見積もりを依頼する事が出来るんです。

 

 

一括見積りは24時間いつでも申し込む事が出来て、しかもパソコンだけでなくスマホからも申し込めるので便利ですよ。


仕事の休憩中や外出先からでもわずかな時間で申し込めるので便利です。

 

名古屋市からの引っ越しの際には是非とも一括見積りをご利用ください。

 

下記にオススメの見積りサイトを紹介していますので、ご参考ください。

 

一括見積りはコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

これらの見積りサイトを活用する事で引越し料金を安く抑えられますよ。